diary, 文章

「確実な予感。」

その男は1度死んでいる。肉体的な死ではないが確実に死んでいる。
それからしばらく経ち、突然に2度目の死が訪れ、そして今またゆっくりと3度目の死が訪れようとしている。

2度目では3年という月日が奪われた。次は一体何が奪われるのだろうか。

男はその運命から逃れるすべを探しながらも、どこかで既に諦めの気持ちのほうが強くなっているのがわかる。

2度の死からどうにか生還できたのだから次回も大丈夫だという保証はどこにもない。

男はその期限が迫りつつあるのを肌で感じ、間もなくであろうと予期する。

-end-

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。